紫外線は肌に悪い、と言われており、聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。
実際に紫外線は肌にとって有害で、シミやシワ、そばかすの原因になったり、免疫力の低下や乾燥を引き起こすこともあります。

それではなぜ紫外線が肌にとって有害なのかというと、2種類の光線の波長に原因があります。
太陽から注がれる光線にはいくつかの種類がありますが、その内の2つ、紫外線B波とA波はオゾン層にカットされず地上まで届く光線です。

B波は、浴び続けることで肌が赤くなり、日焼けの原因となる光線です。
オゾン層や雲に阻まれるため、地上まで届くのは全体の10%程度であり、日光を避けたり日傘を使用することで簡単に防ぐことができます。

一方でA波は、B波と比べると影響が緩やかなのが特徴です。
そのため一見すると害が少ないように思われがちですが、実は波長の長いA波は肌の奥にまで浸透し、ゆっくりと影響を与えていきます。

更には地上に降り注ぐ量も多く、雲や窓ガラスも通り抜けやすいため、日差しが出ていない曇りの日や、室内でも対策が必要です。

紫外線を防ぐためには、これら2種類の光線から肌を守ることが大切となります。
それでは、どのような対策を行えば良いのでしょうか。

大切なのは、できるだけ紫外線を防ぐことです。
よって、日傘の使用や、帽子をかぶるだけでも空から降り注ぐ紫外線を防ぐことができます。

しかし、これだけでは地面から反射する紫外線を防ぐことはできません。

よって、日傘や帽子だけでなく、更なる対策が必要です。

線維密度が細かいポリエステルや木綿素材の長袖の服を着用すると良いでしょう。

また、日焼け止めの使用も効果的です。
ただし日焼け止めの場合は、服の摩擦や汗などで時間が経つにつれて流れてしまう可能性が高く、定期的に塗り直すことが大切です。

これらの対策が必要となるのは、長時間の外出やレジャー、スポーツ時だけではありません。

紫外線は肌に蓄積していきます。よって、短時間の外出や、洗濯物を干すためにベランダに出るだけでも対策が必要です。

また、日当たりの良い室内にいる時にも注意する必要があります。
このように日常生活の中でもしっかりと対策を行っていかないと、気が付かないうちに肌にダメージが蓄積してしまい、肌がぼろぼろになってしまう恐れがあります。

もちろん紫外線だけではなく、日々の洗顔も大事です。
私はこちらに紹介されているニナファーム(株式会社ニナファームジャポン)の洗顔石鹸を愛用していますが、洗顔料は人それぞれの愛称があるので自分に合ったものをチョイスし、こまめに洗顔しましょう。

10年後も綺麗な肌でいるために、改めて紫外線対策を見直し、今からできることを始めていきましょう。